カフェ開業、経営の資金

カフェ開業、経営の資金

カフェを開業するにあたって、やっぱり気になるのが、いったい資金がどれくらいひつようなんだろう?ってことですね。
いろんな条件によって変わってくるので一概には言えないんですが、小規模の店舗であれば一般的に500万円とか1,000万円くらいの資金でカフェが作れると言われています。
もちろんこの金額は、店舗の立地条件や広さ、築年数、設備状況により変わって来ますし、居抜き物件を探すことにより、安く抑えることも可能です。
ここでは、カフェ開業資金に関しての内訳を説明し、そして最後に初心者が勘違いしがちなとっても重要なことを書きたいと思います。
重要なポイントなんで最後まで読んで下さいね^^

 

開業資金の配分の仕方について

shikin

カフェ開業の資金は、大体下記のようなくくりで配分、計算して行きます。これらを合計すると大体500万円から1,000万円くらいになるっていうのが前述の数値がよく言われる根拠です。
ちなみに、運転資金は厳密には開業資金とは言わないんですが、ここでは実際トータルでどれくらい必要かをイメージしてもらうために記載しています。

 

 

【カフェ開業時に必要な資金の内訳】

項目 内容
1)店舗物件の取得費用 敷金(保証金)、礼金、不動産手数料、前家賃を含む
2)店舗工事費 内装、外装、看板、電気ガス水道設備など
3)什器備品、調理用具取得費 店内の家具や、食器や調理用具、広告費など
4)仕入れ費 1か月分
5)人件費 1か月分
6)運転資金 固定費3ヶ月分
7)予備費 もしもの場合の予備費

 

1)店舗物件の取得費用について
開業資金の中で最大の出費は店舗物件の取得費用です。賃貸の場合の家賃の目安は売上目標の1割以内です。例えば、売上目標が150万円ならば家賃は15万円、売上が300万円なら家賃は30万円までという感じです。
というのも、この敷金(保証金)が結構ばかにならず(とっても多額になる)、例えば都内であれば10ヶ月分取られるとこがザラにあります。(なかには半年程度というところもあります。)家賃30万円なら敷金だけで300万円と大きな金額になってしまいます。もちろん敷金は保証金として預けておくものなので解約時に返却されますが減価償却費として幾らか引かれてしまいます。
礼金はそこまで多額ではありませんが、こちらは解約時にも戻ってこないので出来るだけ抑えたいもの。少額であるか礼金自体がないところもありますのでそういったところを選ぶといいですね。

 

2)店舗工事費について
店舗工事は必ず相見積もり(複数業者に見積もりを取る)をとって比較の上で決めましょう。その際、必ず飲食店の店舗設計、工事実績&経験のある業者にすることが必須ポイントです。飲食店の経験がないと全くといっていいほど話になりません^^;
また、居抜き物件の場合はこの費用があまりかからないため費用の節約になります。ただ、内装はいくぶん改修、改装が必要なりますが0から始めるよりは大きく節約できるでしょう。
店舗設計の実績、経験があるリフォーム会社を探すにはこちらのサイトを利用するのがおすすめです。
一括で店舗リフォーム実績のある会社を複数選んでプラン提案、見積もりを受けることができますので、できるだけ費用を抑えるにはどうしたら良いかなども相談に乗ってもらえるでしょう。
>>カフェのリフォーム一括見積りはこちらはこちら

 

4)仕入れ費、5)人件費、6)運転資金
その他の費用の目安ですが、食材等の仕入れ費は利益率を考慮し、売上目標の1割、人件費は3割、運転資金は固定費全体の3ヶ月分程度を目安とします。固定費とは、毎月必ず出費が見込まれる固定された費用、例えば、家賃、水道光熱費、人件費等になります。

 

開業資金と自己資金の割合について

開業資金は開業後の負担(利子返済)を軽減し、リスクを減らすためには100%自己資金で行うのがベストです。といっても、金額も大きいのでなかなかそこまでの資金がない人もいると思います。その場合は、融資に頼ることになりますが、その場合も出来る限り自己資金を用意すべきです。できれば全体の6〜7割程度は用意したいですね。
金融機関から借りる場合ですが、日本政策金融公庫だと個人の新規事業に対しても比較的融資がおりやすいのでそこで相談してみるのがオススメです。

 

カフェ開業時に失敗しないためのポイントについて

開業資金振り分けの重要ポイント

そして、開業資金の振り分けでの重要ポイントは7の予備費です。

 

失敗するカフェの経営者の特徴ですが、この予備費を用意できていません。そして、予備費を用意できていている方も、その内容を勘違いしている人が多くいます。

 

説明して行きます。

 

まず、この予備費は開業資金として準備する額の2割以上は用意するべきです。これは、基本的に使わずに取っておくお金で、いざ開業時にどうしても必要なときにだけ使用する資金となります。文字どおり本当の予備費でつかってはいけません。
残りの8割で店舗取得、内装工事、設備等の開業準備を全て間に合わせます。

 

ここで言いたいことは、

 

・お金の使える限界を決めて、その範囲内でやる
・なければないで自分で知恵を振り絞ってやる

 

という覚悟を持つということです。

 

お金はいくらあったって求めるレベルによっては足りなくなります。
開業資金として多額のお金が手元にあると、多くの人が気分が大きくなりがちで、どんどん使ってしまいます。(もちろん、開業に関することにですが。)
そして、築いたときには、その予備費すら無くなっているという恐ろしい状態になります。

 

カフェ開業、経営初心者がやりがちな失敗

カフェ開業初心者がやりがちな失敗ですが、この予備費の意味を勘違いし、経営する際の運転資金としてしまうことです。

 

予備費と運転資金は別です。
万一の備えである予備費を最初から運転資金として見込むような危ない開業、経営はしてはいけません。

 

これらの考え方ができるかどうかで、カフェを開業する前に、失敗しやすいか、成功しやすいか、既に決まってしまっていると言っても大げさではありません。

 

カフェにとって絶対に大切なものって?

お金のことではありません。
これは、カフェのスタイルによっても変わってくるので一概に言えることではありません。
しかし、あなたにとってのゴールデンルールが必ずあります。

 

しかし、それがわからない、不安、時間がない、そういった方の為にこの講座があります。
このカフェ開業講座では、更に重要なことが学べます。
カフェ開業、経営に絶対に失敗したくない方はこの門を叩いてみて下さい。

 

cafekaigyou

 

開業時のその他の届け出 << 前のページ

カフェ経営成功には法則があった!

カフェ経営で差をつけたい人へ
講師に直接質問できる!必見の動画講座も続々アップ!
特典満載の現在進行形のカフェ講座!
カフェ経営に絶対失敗したくない人のための講座!
>> カフェ開業の秘訣

スクールに入って学びたい場合はこちら
>> カフェ開業専門学校の資料を取り寄せる

このページの先頭へ戻る