カフェ開業、経営の資格

カフェ開業、経営に必要な資格と届け出について・・・

cafeshikaku

お店が完成してもすぐに営業できるわけではありません。カフェのような飲食店を開く場合には保険所の許可が必要になってきます。実際にはその他にも税務署消防署への届け出も必要になるのですが、ここではそのうち、最も重要な保健所への届け出必要な資格について説明したいと思います。

 

カフェの開業に必要な条件と手順

必要な届け出

カフェを開業、経営する場合、厳密に言えば3か所の公的機関へ届け出をする必要があります。

  1. 保健所への届け出…食品営業許可の申請
  2. 税務署への届け出…開廃業業届など(確定申告のための事前の届け出)
  3. 消防署への届け出…防火対象物使用開始届出書

このうち、まず初めに1の保健所への届け出関連について説明します。
2(税務署への届け出)、3(消防署への届け出)については次のページで説明します。

 

1. 保健所への届け出

基本的には、保健所に「食品営業許可(飲食店営業)」を貰うことで、カフェを開業、経営することできます。そのために必要な資格は、食品衛生責任者の資格のみです。(店舗に1名以上いれば良い。)

 

営業許可申請の設備基準は都道府県によって違う場合がありますので、着工前に保健所に図面を持参して必要な設備等を確認しておくと万全です。その際に、申請に必要な営業許可申請書をもらっておきます。そして、申請時にその申請書に記入し、その他の必要な書類(下記参照)を添付して提出します。許可は申請後の実地検査の合格をもって与えられます。

 

まとめると以下のとおりです。

1)営業に必要な許可...
食品営業許可(飲食店の営業許可)→最寄りの保健所に申請※

 

2)その食品営業許可を貰うために必要な条件...
・必要な資格…食品衛生責任者の資格(店舗に1名以上)
・施設条件…各都道府県の施設基準に合致した店舗、施設の設置

 

営業許可の手続きの流れは以下のとおりです。

営業許可手続きの流れ
  1. 管轄の保健所に食品営業許可を申請する(保健所の窓口)
  2. 条例で定められた施設基準に合致した店舗、施設であることの確認のため、保健所の施設検査を受ける(現地確認)
  3. 営業許可を受ける(保健所の窓口)

 

また、カフェの許可とは別の話ですが、単純に個人事業主として開業する場合、確定申告業務のために、税務署に「個人事業の開廃業届出書」等の提出も必要になるので頭の片隅には入れておいてください。詳しくは次のページ「開業時のその他の届け出」にて説明しています。

 

保健所に提出するものまとめ

上述の営業許可申請時に保健所に提出するものは下記のとおりです。
なお、法人で申請する場合は下記に加え「法人登記簿謄本」が必要になります。

  1. 営業許可申請書
  2. 営業設備の大要、配置図(各2通)
  3. 申請手数料(東京都内の場合、約16,000円程度)
  4. 食品衛生責任者の資格証明書(食品衛生責任者手帳等)
  5. 水検査成績書(貯水槽使用時あるいは井戸水使用時のみ)

 

※参考:営業許可申請の背景について…

食品衛生法第52条の規定により、公衆衛生に及ぼす影響の大きい営業として、飲食店営業をはじめとした34業種については、都道府県知事の許可が必要となります。
カフェ経営の場合は、これにあたり、その施設(カフェ)を管轄する保健所に申請を行い、その施設が都道府県条例の定める基準に適合する必要があります。 

 

カフェ開業時(営業許可申請の際)の注意点

お酒を出す場合、手作りケーキを出す場合は申請内容に注意!

食品営業許可ですが、お酒を出すか出さないか、また、そのお酒を深夜12時以降にだすかどうか、手作りケーキを扱うかどうかでも内容が変わってきますので以下の点に注意してください。

  1. 食品営業許可って飲食店と喫茶店の2種類あるけどどっちがいいの?

    →飲食店営業許可と類似の許可で喫茶店営業許可がありますが、こちらはお酒が出せません。手続きは大して変わらないので、お酒を出す可能性が少しでもあるなら飲食店許可を取っておけば間違いありません。

  2. 夜中にお酒を出す場合は特別な届け出が必要?

    →深夜12時以降にお酒を出す場合は、「深夜酒類提供飲食店開業開始届出書」を警察署に提出し許可をもらう必要があります。昼はカフェ、夜はバーを経営したい人なんかはこの届け出が必要ですね。その際、添付書類として、店舗の平面図、証明・音響の設備図、営業許可の写し等が必要になります。

  3. 手作りのケーキのテイクアウトをする場合は?

    →手作りケーキ等のテイクアウトも行う場合は「菓子製造業」の届け出を保健所に出す必要があります。

 

食品営業許可の届け出はいつごろ申請すればいいの?

食品営業許可ですが、保健所に申請してから許可が下りるまでに大体1週間から10日ほどかかります。オープン時に間に合わない、なんてことがないように計画的に申請手続きを進めましょう。できればオープンの1か月前、遅くとも2週間前には申請書類の提出ができるように準備をしておきましょう。実際のスケジュールは「カフェ開業の準備と流れ」のページを参考にして下さい。

 

食品衛生責任者の資格について

食品衛生責任者の資格は簡単に取得できる

カフェ開業の許可申請時に食品衛生責任者の資格が必要になってきますが、専門学校に通うとかは不要で、保健所や食品衛生協会で開催される講習を1日受けるだけです。なんら難しいことはないので安心してください。

 

以下に、食品衛生責任者の資格の内容と取得方法についてもう少し詳しく説明しておきます。

 

食品衛生責任者とは・・・

食品衛生責任者の定義ですが、「食品衛生責任者養成講習を受講した者などで、食品衛生責任者として選任されている者」となります。そして、食品衛生法に定められた許可営業者(つまり今回の場合はカフェ経営者ですね)は、営業許可施設ごとに食品衛生責任者を選任し保健所に届け出ることになっています。
つまり、カフェの経営に照らし合わせると、カフェ経営者は店舗1店ごとに食品衛生責任者を1名以上置き、それを各店舗ごとに保健所に届け出る必要があるっていうことです。

 

営業者と食品衛生責任者の職務、義務

食品関係営業を行う場合、次のとおり食品衛生責任者の設置と義務が定められています。ちょっと専門的な説明になりますが、一応内容は把握しておきましょう。
ちなみに以下は抜粋です。詳細を知りたい場合は、食品衛生法条例を参照して下さい。

 

  • 営業者は、許可施設ごとに食品衛生責任者の設置(自ら責任者となるか、施設従事者から定める)
  • 食品衛生責任者は、営業者の指示に従い、食品衛生場の管理運営に当たる
  • 食品衛生責任者は、食品衛生上の危害の発生を防止するための措置が必要な場合は、営業者に対して改善を進言し、その促進を図る
  • 食品衛生責任者は、法令の改廃等に留意し、違反行為のないように努める

 

食品衛生責任者の資格取得方法

食品衛生責任者の資格を取得するには、合計6時間の養成講習を受講します(大体1日で受講完了となります)。
場所は保健所や食品衛生協会で開催しています。最寄りの保健所に問い合わせるか、インターネット等で調べれば簡単に開催日、時間等がわかりますので調べておきましょう。
受講料は都道府県によって違いますが1万円程度です。

 

【食品衛生責任者の講習内容】
1.衛生法規 ・・・2時間
2.公衆衛生学・・・1時間
3.食品衛生学・・・3時間
4.テスト(上記3科目に対する小テスト)

 

講習を修了すると修了証が交付されます。この修了証を開業や食品衛生責任者の変更の手続き等の際に、行政機関ヘ提示します。

 

受講資格

原則として誰でも受講できますが、都道府県によっては受講者を制限している場合があります。
17歳以降や、義務教育終了後に制限している場合などがありますので、詳しくは講習を実施する団体に問い合わせてみてください。

 

受講免除について

以下の資格所有者は、養成講習の受講が免除されます。
・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者
 また、制度の全国標準化により、1997年4月以降に他の県にて養成講習を修了した者は、改めて受講する必要はありません。

 

受講免除についてちょっと補足…

※上記のとおり、食品衛生責任者の代用資格としては、栄養士、調理師、製菓衛生士の資格などがあります。これらを持っている場合は、改めて食品衛生責任者の資格を取得する必要はありません。ただ、どれも持っていない場合は、食品衛生責任者の資格が一番手軽に取得可能(1日の講習受講でOK)なのでこちらがおすすめです。

 

営業許可をもらうための保健所への届け出については以上ですが理解できましたでしょうか?
次のページでは、その他の届け出として、税務署、消防署への届け出の内容について説明したいと思います。

 

カフェ開業の準備と流れ<<前のページ||次のページ>>開業時のその他の届け出

カフェ経営成功には法則があった!

カフェ経営で差をつけたい人へ
講師に直接質問できる!必見の動画講座も続々アップ!
特典満載の現在進行形のカフェ講座!
カフェ経営に絶対失敗したくない人のための講座!
>> カフェ開業の秘訣

スクールに入って学びたい場合はこちら
>> カフェ開業専門学校の資料を取り寄せる

このページの先頭へ戻る