自宅カフェ デメリット

自宅でカフェを開業、経営するときのデメリットって?

カフェを自宅で開業し、経営する場合のメリットについては前のページで書きましたが、じゃあデメリットは何があるんでしょうか?

 

駐車場の台数を確保しにくい

自宅でカフェを開く場合、やはり広い駐車場を確保しにくいのがデメリットとして挙げられます。
田舎で土地が広い場合は問題無いでしょうが、街中や都市部なんかでは少なければ0台、多くても2〜3台程度しか確保できないんじゃ無いでしょうか?自宅の車用にも併用する場合はさらに1台分減りますよね。
ゆる〜く経営したいからそれくらいの客数しか想定していないよ!って人はいいのですが、ある程度お客さんがたくさん入って欲しいなぁって思ってる人にとってはちょっと頭の痛い問題ですね。
その場合は、近くのコインパーキングを使用してもらったり、立地的に運が良ければ近くの大きなお店や施設の無料駐車場に止めて自分のお店に来てもらうってこともできなくは無いですが、それもできないと遠くからのお客さんは期待しづらいですね。

 

店を認知されにくい

もう一つのデメリットは、住宅街、それも普通の住宅の1部がお店になるため、認知されにくいという点があります。
そのため、看板を設置したり、人目につくような外観にしたりといった工夫が必要になってきます。

 

大きな規模のお店にはできない

お店の規模が必然的に小さくなるので、従業員をやとっていかにもカフェオーナーって感じでやっていくのには向いてないですね。
その場合は、やっぱり別に店舗を持った方がいいです。

 

ご近所トラブルの可能性も

お店として経営する以上、知らない人がやってきますし、料理の匂いや騒音等も発生や無断駐車なんかもする人も出てくる可能性があります。
近所の住人が不快な思いをしてトラブルになるケースもありますのでできるだけ注意を払っておく必要があります。

 

自宅でカフェ開業、経営するメリット << 前ページ | 次ページ >> 自宅カフェで必要な資格って?

カフェ経営成功には法則があった!

カフェ経営で差をつけたい人へ
講師に直接質問できる!必見の動画講座も続々アップ!
特典満載の現在進行形のカフェ講座!
カフェ経営に絶対失敗したくない人のための講座!
>> カフェ開業の秘訣

スクールに入って学びたい場合はこちら
>> カフェ開業専門学校の資料を取り寄せる

このページの先頭へ戻る